昨年参加した先輩たちがこのセミナーをどのように活用したのか、どんな感想を持ったのかをご紹介しています。皆さんが参加するときの参考になりますので、ぜひご覧ください。

学研業界研究セミナー

日本のトップクラスの企業を1日で見て回れるのが魅力です。他の合同説明会では出合えない企業も多い。
(名古屋大学 男)
このセミナーには、理系だったら一度は話を聞いてみたいという超メジャー企業が必ず出ているところがスゴイ。
(長崎大学 男)
目的としてきた企業の方とお話しできたし、その中で新たな発見もありました。表情まではっきりわかる距離で話が聞け、担当者の人柄からその会社の社風も推測できたのも非常によかったです。(京都大学大学院 男)
直接会って話すほうが企業の雰囲気などがわかりやすいと思いました。1社ごとに会社に行くのは費用も大変なので、こういうセミナーで一度に訪問できるのはありがたいです。
(九州大学 女)
2日間フルに参加。今まで名前しか知らなかった企業が、実は「自分の理想の働き方」ができる会社だとわかりました。
(筑波大学大学院 男)
各企業のプレゼンテーションがどれも特徴的で要点がまとまっていたので、以降の面接対策に非常に参考になりました。
(東北大学大学院 男)
自分なりによく知っていたつもりの企業や仕事が、ここに参加して話を聞いて180度イメージが変わりました。
(信州大学大学院 男)
理系の仕事だけに絞った説明で、仕事内容を詳細に知ることができました。技術職の社員の方に直に話を聞くことができたのがよかったです。
(新潟大学大学院 男)
1社1社のプレゼン時間がほどよく、話を聞きたいと思っていた企業ブースはすべて回れたのがよかった。
(熊本大学 男)

学研理工系就職セミナー

訪問したすべての企業のブースで、話しやすく質問しやすい雰囲気があってよかったです。実際に人事の方や技術者の方とお話しして、就職で何が重要なのかがわかった気がします。
(九州工業大学 男)
企業からは技術のわかる方が来ていたので、事業内容や仕事内容について詳しい質問をすることができました。また、幅広い業界から多数の企業が参加していたので志望先を絞り込むのに役立ちました。(横浜国立大学大学院 男)
自分では就活サイトで興味のある業種や企業についての情報しか見ませんでしたが、このセミナーで今まで知らなかった業種の会社に興味を持つ良い機会となりました。
(埼玉大学 男)
それまで名前も聞いたことのなかった企業の説明が、特に参考になりました。最初はあまり興味のなかった企業でも、魅力的な面が見えてきて、広い視野で企業研究をするきっかけになりました。(関西大学 男)

女子理工系・情報系就職セミナー

人事の方がみなさん丁寧・親切で、企業の雰囲気も伝わってきました。理系限定のセミナーはとても良いと思います。
(奈良女子大学 女)

高専生のための業界研究セミナー

自分にとって、とても有意義なセミナーでした。自分の中で就職活動に対する何かが変わったという実感があります。
(小山高専 男)
授業で学ぶことが仕事に「何がどうつながる」がわからなかったけれど、セミナーに参加してわかりました。
(和歌山高専 男)

参加者の声